ランニングコスト削減を省エネルギーで(19)|エコロマジックのトータルエネルギーコスト抑制コンサルティング

query_builder 2022/05/10
ブログ
23068993_s

こんにちは。


温室効果ガスの影響についてはマスコミでいろいろな報道をされているのでご理解いただいているかと思いますが、今年の梅雨入りが早まる予想であると聞いて地球温暖化が進んでいるのかと思い今日は書こうと思います。


地球温暖化の影響は様々な形で感じる機会が増えました。夏場の平均気温の上昇や、海水面の上昇、環境変化による生態系への影響などです。温室効果ガスの影響だけではないですが、大きな影響を与えているのは間違いない事だと思います。


特に夏場の平均気温上昇は、省エネルギーコンサルティングというこの事業を始める前から感じていたことです。東日本大震災の影響からしきりに節電ということを言われました。コンサルをしていた時のデータを見ていると2011年、12年は震災前の推移と比べ大きく減っているのですが年がたつにつれて元に戻る傾向の企業が多いと感じています。


原子力発電から発電方式を切り替えつつあるこのご時世に使用エネルギーが元に戻ってしまったら当然温室効果ガスの排出量は増加してしまいます。様々なクリーンエネルギーがありますがまだまだ少ない発電量です。


温室効果ガスの排出量を減らすには、電気などのエネルギーの使用量を減らしていくことです。使用量が減れば作る量も減ります。そうすれば温室効果ガスの排出量も減ります。個人個人で取り組むことも大事ですが、多くのエネルギーを使用する企業にも取り組む姿勢が必要と考えます。


われわれエコロマジックのサービス『トータルエネルギーコスト抑制コンサルティング』で第一歩を踏み出してみませんか?

記事検索

NEW

  • SDGsへの取り組み方はアイデア一つ(18)|エコロマジックのトータルエネルギーコスト抑制コンサルティング

    query_builder 2022/09/28
  • SDGsへの取り組み方はアイデア一つ(17)|エコロマジックのトータルエネルギーコスト抑制コンサルティング

    query_builder 2022/09/26
  • SDGsへの取り組み方はアイデア一つ(16)|エコロマジックのトータルエネルギーコスト抑制コンサルティング

    query_builder 2022/09/20
  • SDGsへの取り組み方はアイデア一つ(15)|エコロマジックのトータルエネルギーコスト抑制コンサルティング

    query_builder 2022/09/16
  • デイリースポーツ掲載のご案内

    query_builder 2022/09/14

CATEGORY

ARCHIVE